介護老人保健施設 第2おかなみ

ホーム > 介護老人保健施設 第2おかなみ

介護老人保健施設 第2おかなみ

 平成9年に認知症に対する時代と地域のニーズに応える形で誕生しました。
 要介護認定を受けられた方に対し、医学的管理のもとに看護や介護及びリハビリテーション、その他必要な医療並びに日常生活上のお世話をさせていただく施設であり、地域の皆様から親しまれ、信頼される施設を目指しています。
 施設は伊賀市郊外の小高い丘の上にあり、周辺裏山より愛らしい小鳥の声が聞こえ、前方には田園風景を見下ろす自然豊かな環境に囲まれています。
 一般療養棟100床と認知症専門棟50床の計150床を有し、通所リハビリテーションでのご利用も可能です。
 日常生活の中においても快適な療養生活を過ごしていただくために、ご利用者の皆様と職員との共同制作物の作成や園芸療法での農作物の育成や収穫、認知症の方への昔話や懐かしの写真等による回顧、音楽療法により身体・心・脳への働きかけを感じていただいています。
 また、ご家族の方々にも認知症に関する知識を持っていただくように定期的な情報発信も行なっています。
 ご利用者の方への安全・安心・サービス向上に取り組むため、各種職員が学会や研究会に積極的に参加し全国介護老人保健施設大会では演題発表も行なっています。

私たち社会医療法人畿内会老健グループは在宅復帰・在宅療養を支援いたします

 介護保険法での介護老人保健施設の役割は、在宅支援・在宅復帰のための地域拠点となる施設及びリハビリテーションの提供により機能維持・回復の役割を担う施設と明示されています。
今般、平成30年度介護報酬改定に伴い、畿内会老健グループは、それぞれの施設の特徴を生かし、老健の役割を果たして参ります。

老健おかなみ………超強化型老健
老健第2おかなみ…基本型老健
老健伊賀ゆめが丘……加算型老健

これからも畿内会老健グループは、地域の皆様にとって、有意義な施設として貢献できるよう努めて参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

基本型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標20以上

老健の基本的役割に加えて退所に際し療養上の指導を行っており、心身機能の維持・回復を図り必要なリハビリテーションを計画に沿って行い、適宜その評価を行っていること。 また、介護度の高い利用者数、喀痰吸引・経管栄養の利用者が一定数に達している施設をいう。

加算型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標40以上

老健の基本的役割及び基本型老健の要件に加え、在宅復帰に多職種で取組みを行い、退所者の内30%超が在宅(有料老人ホーム等を含む)へ退所する老健。 地域貢献活動による地域と密着した老健施設をいう。

超強化型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標70以上

老健の基本的役割及び加算型老健の要件に加え、在宅復帰に多職種で取組みを行い、退所者の内50%超が在宅(有料老人ホーム等を含む)へ退所する老健。 充実したリハビリテーションやベッド回転率、入・退所前後における訪問指導、その他が一定数に達している施設をいう。

施設の概要

部屋割り 個室、4人室
利用人数 1階40人、2階60人、3階(認知症専門棟)50人

所定疾患施設療養費について

広報誌 デイケアかわらばん



〒518-0817三重県伊賀市下友生字鳥ヶ峯2916
TEL.0595-24-6300
FAX.0595-24-6336
名阪国道「友生I.C」より車で約6分または伊賀鉄道「茅町駅」よりタクシーで約10分 アクセスページへ

ご利用いただける方

  • 市町村の介護保険法による要介護認定を受けられた方で、医療機関での入院等による治療が必要ない状態の方。在宅生活は介助を要するが、施設サービスをうけることにより比較的安定した状態となられる方です。
  • 要介護1~5の認定を受けられた方が対象です。(「第2おかなみ」につきましては、予防給付と認定された要支援1・2の方はご利用いただけません)
  • 「おかなみ」「伊賀ゆめが丘」の在宅サービス(短期入所療養介護・通所リハビリテーション)につきましては、要支援1・2、要介護1~5のいずれの方もご利用いただけます。
  • ご利用いただく前に、ご相談や施設見学のご希望等がございましたら支援相談員が承ります。

ご利用方法

 ご希望の施設または最寄りの施設へお申し込みください。 受付させていただいた申込書は、各施設にて利用者様の心身の状態に適応するかを専門スタッフにて検討し、入所の決定をさせていただきます。入所が決定しましたら、施設担当者より連絡させていただきますので、ご利用施設へお越しいただき手続きをお願い致します。入所療養介護は原則として3カ月間の入所期間とさせていただきます。多数のみなさまに、ご利用いただくことを施設の基本方針としておりますので、ご理解ご協力賜りますようお願い致します。

ページのトップへ戻る